読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦じゃんブログ(頁)

戦国じゃんぶるの攻略ブログです。

狙撃考察

その他攻略 兵種考察シリーズ

最近はまた狙撃探しが中心です。

 

場所は主に裏戦国。狙うは迎撃装備の高体力A膂連狙撃なんですけど、まあ出ませんね…。

 

数をこなせば出るんでしょうけど、もともと私が兵探しサボり気味勢なのもあり、おそらくどこかで妥協せざるを得なくなるでしょう。

 

そこで今回の記事は、どこを妥協しようかということを今のうちに考えておこうというものです。

 

なお、これは自操作狙撃戦法を使う目線でのものですので、おそらく一般的な基準とはズレがあると思います。また、個人的な意見も多く含んでいます。ご了承ください。

 

 

ではまず狙撃に求める役割がどんなものかを挙げていきましょう。そしてその役割を担う上で欲しい能力を考えていきます。

 

・被対戦

 

1.敵餌忍への反応

 

まずは被対戦です。相手が釣り戦法を使う場合、忍釣りでも騎馬釣りでも忍者の何体かを餌に使う人が大半だと思います。

狙撃にはそんな餌忍へいち早く反応し、自陣深くへの侵入を許さないといった役割が求められます。

 

欲しい能力→迎撃もしくは守備、連発、技量

 

いち早く反応する、という事を考えると何かしらの作戦は欲しいでしょう。最も、配置場所次第では無くても大丈夫でしょうが。後は連発と技量。前出し配置により、武将の号令が届かない位置に行く可能性も高いので、発射間隔はできるだけ自身の能力で短くしたいところです。

 

 2.敵自操作への攻撃

 

餌を引いた後、敵は自操作の影走や騎馬で突っ込んできます。そのとき、自陣にいち早く帰ってきて敵自操作に攻撃を加え、その動きを制限する役割が求められます。

 

欲しい能力→迎撃または守備、(脚力)、連発、(膂力)

 

釣られた後、自陣に帰ってくるには守備や迎撃などの作戦は必須。「早く」ということを考えると脚力2も欲しいと私は思っていますが、そもそも脚1で自陣からあまり離れないようにするというのも作戦の1つとしてあるかもしれません。なのでここは括弧にしておきます。膂連はあれば嬉しいかなといった感じ。

 

3.敵陣攻忍を止める

 

陣前の兵を釣った敵は陣攻のために忍者を突っ込ませてくるでしょう。ここでこの忍者の陣攻を阻止することができれば勝率はグッと高まるはずです。

 

欲しい能力→迎撃または守備、連発、(脚力)

 

ここでもやはり作戦が一番にくるんじゃないでしょうか。待機のみの場合、いくら陣前に残っていようとも、もし別の兵をターゲットにしていたら、突っ込んでくる忍者を止めることはできません。脚力は先ほどと同じ理由で括弧付き。忍者を止めるだけでいいので、膂力は別にいらないと思います。もちろん、あるならある方が良いんですけどね。

 

対釣りの被対戦ではこんな感じでしょうか。

 

4.対正攻法

 

欲しい能力→体力、膂力、(連発、技量)、(回復系各種)

 

対正攻法を考えるとやはり簡単には死なない高体力が望ましいでしょう。敵にダメージを与える膂力も欲しいです。また、回転率を高める連発や技量、全体の耐久力を上げる回復系のものはあればなお良いでしょう。

 

燕返し、knss戦法への対応は釣り対策とそう変わらないと思うので今回は省略。

 

自操作狙撃についても、元々やってる人が少ないうえに自分が自分と対戦することはないのでこれも省略とさせていただきます。

 

では次に対戦について。

 

・対戦(自操作狙撃)

 

大まかに言うと、敵陣前の兵を釣り、指示を出しつつ打ち取って、敵陣に分離隊を突っ込ませるまでが狙撃の仕事です。

 

欲しい能力→体力、技量、膂力、(治療)

 

敵兵を釣ってから打ち取るまで(正確にはその兵に分離隊の砲撃やらが攻撃を加えるまで)、自操作の狙撃は釣った敵兵の攻撃を受けることになります。業火や焙烙対策なども考えるとできるだけ体力は高い兵が欲しいところ。また、技量も大事です。これが低いと技バーの上昇が遅くなり、次の敵兵を撃つまでの時間がかかりすぎてしまいます。

分離隊があと1歩で敵忍者や釣った兵を撃ち漏らしてしまった場合、膂力があると自分でその敵兵を始末しやすくなり、有利になります。治療はついで。あれば敵陣前で撃退された自兵に自分で触れて、戦線復帰を早くできるかなといった程度です。

逆に対戦で不要なのは作戦と脚力、連発。脚力は自操作にすると3で統一されますし、他の2つは特に意味を持ちません。 

 

 

さて。では改めてどこを妥協してもいいかを考えてみましょう。

 

対戦、被対戦のどちらに比重を置くかなどもあるので一概には言えませんが、自分なら大体こんな感じでしょうか。

 

必須→技量(101↑)

 

できれば欲しい→連発、作戦

 

妥協してもいいかな→膂力、体力(70↑ならOK?)

 

妥協OK→脚、回復系(治療含む)

 

私は狙撃に一番大事なのは高技量だと思っています。対戦、被対戦、どちらでも大事な能力なので。逆に妥協する気満々なのが脚と回復系。

難しいのは残りをどの辺で妥協するかなんですが、連発と作戦がやはり強いかなと個人的には思います。釣り対策に非常に大事な連発。作戦はないと狙撃が釣られること前提の陣形を組まないといけない。これは狙撃1体体制かつ、他の兵もそこまで強くないうちの軍では少しつらいので。

膂力と体力は場合によっては諦めると思います。ただし、最低でも体力70台は欲しいかなと最近は思っていたり。

 

とまあ自分の登用基準は基本的にはこんな感じになっています。もちろん、すべて揃っている兵がきてくれれば、妥協の必要もなく幸せなんですけどね。

 

ちょっと長くなりましたが、自分の登用基準整理もかねて、自分なりの狙撃考察でした。

 

それではまた。