読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦じゃんブログ(頁)

戦国じゃんぶるの攻略ブログです。

弓槍強化月間 最終報告

兵紹介

平地に通い続けること3ヶ月。とりあえず一旦、弓槍の強化は終了とします。

 

正直、まだまだ途中なんですが、ちょっとさすがに平地に飽きがね…。

 

ということで1~3月で雇用された弓槍兵を一挙に紹介していきます。

 

1.槍術編

 

槍の働き場所は?と考えた際、自分の陣形では主に対釣りの餌忍対策としての働きが大きくなると考えました。そこで餌で多くを釣らせないためにということで、脚4の鉄見待機槍術を探すことに。

 

現在の槍隊は槍撃が2体、槍術が2体なのですが、次に上位互換の槍術が出た時、今の槍術と交換するのか、槍撃と換えるのか、弓を減らすのかはまだ考え中の段階です。使い方から考えた理想は槍術4体だろうけど、禄の問題もありますからね…。とりあえず他の兵種を探してからになりそうです。

 

1体目

f:id:page-page:20170320123110p:plain

ステータスすべて60台。値段も630で回復付きと、ほぼ狙った通りの槍術です。逃足と治療があればなお良かったのですが、3ヶ月放置くらいじゃ出ませんよね。

 

2体目

f:id:page-page:20170320123647p:plain

鉄見、鼓舞とシンプルな槍術。ステータスが今一つ良くないのと鼓舞のせいで禄高が795と少しお高めになっています。上の子より150以上高いのに見合う性能かと言われると少し疑問符がつくかも。ただ、待機で鉄見、脚4と要求していたものは満たしているのである程度の活躍は期待できそうです。

 

後はこれらの兵を生かせる陣形を組めるかどうかですね…。

 

2.焙烙編

 

自操作狙撃や燕返しで釣られるにしても、釣りで釣られるにしても、とりあえず脚力は高い方が良いだろうということで、こちらも脚4と鉄見を条件に探しました。実は脚2の膂鉄見が1回出て、かなり悩んだんですけど泣く泣く見送り…。

 

1体目

f:id:page-page:20170320122140p:plain

体力80の鉄見回。技量も高め、ただし値段も少し高めの767。性能は良いのでしばらくは使っていきたいです。

 

2体目

f:id:page-page:20170320124829p:plain

最低限すぎる特能、ただしステータスは悪くないという頼造くん。名前の通り、頼りにしてます。どうぞよろしく。

 

3体目

f:id:page-page:20170320125053p:plain

今回の平地探索のある意味目玉兵となりました。1段目がやたらと明るい海丸くん。見切ギャンからの見切、連発の獲得というまさかの大出世で我が焙烙隊のエース候補にまで一気に駆け上がりました。お高めですが、禄高通りの活躍は期待できると信じています。どうぞよろしく。

 

 

以上の5体が3か月の平地放置での成果です。何体か、これ上位互換が意外とすぐ出るんじゃ…みたいに感じる兵もいるかもしれませんが、私は出せませんでした(笑)

 

もう3ヶ月くらい追加で平地放置したら、良い感じに強化されそうな気もするので、しばらくしたらまた平地に帰ってくるかもしれません。兵探しは気長に。ですからね。

 

それでは最後に焙烙隊の強化ポイントと問題点、これからの展望を。槍撃→槍術の方は

比べられないのでカットします。

 

・強化された点

1.総体力

解雇された兵の平均:69.3

雇用された兵の平均:75.0

 

あまり大きな差はないように見えますが、解雇前は84の裏焙烙が頑張ってただけなので、全体的に底上げされたとみて良いのではないでしょうか。最近は個別に釣られて分離隊に討ち取られることも多いので、1体1体の体力を高くして少しでも時間を稼ごうという作戦です。

 

2.脚力

1体、3が4になりました。これも地味な変化ですが、焙烙に関しては遅くてもあまりメリットがないと思っているので、できるだけ4を狙っていきたいです。脚3の裏焙烙に関しては処遇を考え中。

 

3.鉄見増加

解雇された兵の鉄見数:1

雇用された兵の鉄見数:3

 

分離が増えたと言っても、まだまだ釣りは健在。少しでも対釣りの確率を上げるため、探す際にも鉄見を優先しました。これで焙烙は全員が鉄見持ちとなりました。

 

・問題点

1.禄高の増加

解雇された兵の総禄:2518

雇用された兵の総禄:2622

 

禄ダイエットを兼ねていたはずが、まさかの連発getのせいでなんと逆に増加。これはちょっと想定外だったのですが、体力upの代償でもありますしね…。他の兵種で圧迫したら、体力で妥協して安い兵を。というのも考えないといけないかもしれません。

 

2.回復系の減少

解雇された兵の合計:奮起2、回復1、治療3

雇用された兵の合計:奮起0、回復2、治療1

 

元々多くはなかった治療の減少が気になるところ。これについては虚報などで埋める予定ですが、虚報にまで手が回るのはいつになるやら…。

 

3.逃足の減少

逃足3→0

 

個人的に最近気にしている逃足の減少。気にはなりますが、まあ今回はしょうがないかな…といったところです。いくら逃足があっても元の脚力が遅ければあまり生きないししょうがない。

 

・これからの展望

最低限レベルの中途半端な兵が多すぎるので、上位互換に変えていきたいです。と言っても、多くを求めるとそれだけ出る確率も下がるので、回復系か膂力か、逃足かどれかを優先して妥協もしつつ探していくことになりそうです。

 

焙烙に関してはこんな感じ。次は忍者、武将の強化月間にしようかなと考えています。

 

それでは今回はこの辺りで。月末までしつこく平地放置するので何か秘密兵器でも出せたら嬉しいですね。それではまた。